スポーツ障害

当院では、スポーツをされている患者様が多くいらっしゃいます。

 

 

小学生、中学生から高校生、社会人まで幅広い年齢層にご来院頂いております。特にジュニア選手では野球チームのお子さんが多いです。

 

また名古屋競馬場が近いことからジョッキーなどプロ選手の方もご来院頂いております。

スポーツによるケガとは

スポーツにより起こる身体のケガのことを「スポーツ外傷」、または「スポーツ障害」と言います。


「スポーツ外傷」は、一度に強い力が加わって生じるケガのことで、捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折などはこのスポーツ外傷に分類されます。受傷機転がはっきりしているのが特徴で、必ず急性の炎症症状を伴います。

「スポーツ障害」は、特定の部位に繰り返しの外力が加わることによって組織を損傷してしまうケガのことで、テニス肘、野球肩、ランナー膝、シンスプリントなどがあります。はっきりとした受傷機転がないのが特徴で、最初は違和感を感じることから始まり、回数を重ねる毎に痛みを自覚していきます。

スポーツをしていて身体が痛いという場合は上記の2点を基に問診をして「姿勢・アライメント」「動作・ムーヴメント」という根本的に部分にフォーカスをして治療をしていきます。

◆ジュニア期のスポーツ障害◆

多くは身体の一部の筋肉(腱・骨)の過度な使いすぎやストレッチ不足によることが多いです。
さらには成長にともなう筋肉と骨の不均衡も要因となることがあります。

 

また大人(指導者)が上記のことを考慮せずにトレーニングの負荷を過度にして結果的にケガに繋がることも少なくありません。

ジュニア期のケガやストレスがその後の人生にも大きな影響を与えるとも言われています。とびしま鍼灸接骨院では鍼や灸だけでなく、ストレッチ指導や予防エクササイズ指導にも力をいれて未来のアスリートを応援しています。

大きな病院で検査後の施術やスポーツ復帰へむけたアスレチックリハビリテーションなどもおこなっています。
鍼灸だけでなく超音波治療機器なども用いて施術をしますので再現性のある治療を段階的におこなうこともできます。

「ケガをしたけれど復帰してよいかわからない。」
「なんども同じケガを繰り返す。」
「もっとトレーニングについて知りたい」


そのようなアスリート、親御さん
当院へぜひ一度ご相談ください