施術内容

首肩の痛み(五十肩)

蓄積された疲労や姿勢、ストレスなど様々な要因で多発している症状です。当院の患者さんも多くの方が訴えられます。鍼灸は揉み返しなどはマッサージに比較して多くないので首など敏感なところには適応しやすいです。


腰の痛み(腰痛症)

ぎっくり腰はもちろん、慢性的な腰痛にも鍼灸は効果的です。とくに慢性的な腰痛は痛みの繰返しから患部の血流が悪く冷たくなっていることが多いのです。鍼や灸は血流循環をあげ、筋肉の緊張を解き、痛みを緩和させてくれます。また股関節の硬さなどが腰痛の原因になっている場合もあり、局所だけなく、全身を診て治療をしていきます。



WHO(世界保健機構)による鍼灸の効能

鍼灸は臨床データなどがはっきりしなかった事もありますが、今では世界保健機構(WHO)において下記の疾患に関して有効性を認めています。

【世界保健機構(WHO)で鍼灸療法の有効性を認めた疾患】
●神経系疾患 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
●運動器系疾患 リウマチ・頚肩腕症候群、五十肩・腰痛・関節炎・腱鞘炎・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
●循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高、低血圧・動機・息切れ
●呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および風邪予防
●消化器系疾患 胃腸炎(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
●代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
●生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰嚢
●婦人科疾系疾患 更年期障害・不妊症・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え症・血の道
●耳鼻咽喉科系疾患 中耳 炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう症・咽喉頭炎・へんとう炎
●眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
●小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善


鍼(はり)治療

鍼治療は、きわめて細いステンレス製の鍼(0.14㎜前後)経穴(ツボ)や筋肉に刺入し刺激する事で、血液の循環を促進し筋肉のコリや硬さをとっていく治療です。

強度やボリュームは患者さまの状態に合わせて調整しています。

使用する鍼は日本製で髪の毛よりも細い鍼を用いますので痛みなどを感じにくく、また使い捨ての鍼を用いますので衛生面も安心です。


灸(きゅう)治療

灸治療は、もぐさを用いて経穴に熱刺激を加える治療法です。治療の方法は〝直接灸〟と〝間接灸〟の2種類があります。

 

灸治療は温熱効果で治療部位の痛み等を軽減すると共に、心地良い暖かさによって経穴と深く繋がっている内臓に働きかけ、からだの内側から状態の改善をする事が出来ます。当院では鍼治療と併用する方法をとっています。


物理療法

◆超音波治療機器

スポーツ障害を中心に急性外傷、慢性外傷などでも幅広く活用できます。

◆中周波治療器

ここちよいマッサージ効果と経皮刺激により筋肉のコリをほぐします。

◆パワープレート

最新機器です。超高速振動刺激により筋腱に刺激を与え、筋肉の活性化に繋がります。


エクササイズ指導

 長期にわたる不良姿勢や連続した偏向した動きが身体に及ぼす影響は大きいものです。

それらは「ちょっとした意識」「少しのエクササイズ」をコツコツ実施することで改善していくことも多くとびしま鍼灸接骨院では治療にあわせてワンポイント指導もしております。


もっと運動したい!、しっかりやりたい!という方は
とびしまトレーニングセンターワンステップご覧ください。